「商店街の形成の歴史と商業政策について」

 9月の商店街研究会は、先月に引き続きZOOMでの開催となりました。鈴木隆男会長を講師として、商店街の形成の歴史と商業政策について学びました。 商店街には目に見える「空間概念」と任意の参加による「組織概念」があり、診断士として関わるのは後者が中心となります。

 商店街組織としての役割・機能としては、アーケードに代表されるハード事業と歳末大売り出しのようなソフト事業がありますが、最近はイベントを中心としたソフト事業がメインとなりつつあります。しかし、商店街組織は会社のそれと異なり、ボトムアップ的な地縁で結ばれた人的結合体であり、利害調整が難しく、組織活動がスムーズに進めづらいという特徴もあります。その原因の一つとして「競争」が挙げられますが、その競争こそが商店街全体の魅力を高めるため、組合員の平等性と任意性に配慮しつつ、バランスを取った運営が求められています。

  また商店街を理解するにあたり、その歴史的な変遷についても知っておく必要があります。昭和40年代は大型スーパーが台頭し、商店街と対立、スーパーの出店を規制する大規模小売店舗法ができました。しかしその後、アメリカの外圧もあり緩和の方向に進み、各地で郊外を中心に大規模なショッピングセンターの進出が増えてくことになります。そこから今度は、中心市街地の空洞化を抑えるため、まちづくり3法が施行、現在の商店街が形成されていきたのですが、衰退の流れがまだ続いているのが現状です。 商店街の性格は、周辺大型店の存在、ライフスタイルの変化、高齢化・人口減少など、その都市の特性に大きく影響を受けます。今後は人口減少時代を迎えることにより、コンパクトシティを目指したまちづくりが意識されることに加え、コロナの影響も出てくるものと思われます。

 「商店街は歴史が深く、人間関係が絡む」という鈴木会長の言葉は、商店街の特徴を集約しているように感じました。 今回のお話を機に、商店街という組織を理解しつつ、今後のまちづくりへの力添えをしていくことが、診断士に求められていることだと再確認しました。

中央支部 盛澤陽一郎